鳥の足の指っていろいろ。ヤマガラの幼鳥描いています。

インコを飼ってらっしゃる生徒さんに画像をお借りしました。足の指の数の違いは今まで知らなかったです。さすが鳥好きさんなのでよく観察されててすてきな絵を描かれています。近々ご紹介しますね。

一方私は幼鳥が描きたくなったので描いています。ヤマガラの幼鳥です。キョトンとしてかわいい。何度か会えたけどなかなか撮るの難しいので絵に残したいと思います。暑くなってきたのでテラス席もそろそろ限界かしら。

ポアポアに描くのがコツですが細い柔らかいブラシを作ると割と簡単に描けますよ。

メジロ描いてます。鳥の足コレクションが出来た

描いた数の鳥を数えていたのですがおそらく20羽?あたりで数えるのをやめてしまいました。1匹描いたら使い回せるパーツは次回のために取っておくようにしたらだいぶお手軽に描けるようになってきました。

足を描くには最初はシルエットを描きます。下にモデルさんがあればトレースして描くと簡単です。そこへ表情をつけていくのですがコレはブラシ選びで個性が出ますね。いろいろ試すと良いと思います。
だいぶ足のコレクションが増えてきました。変形することで使える機会が増えていきます。
前回描いた下のメジロからパーツを再利用して上の2羽のメジロを描いてみました。説明は複雑になるのですが作業は意外と単純です。ちょっとした向きや角度は変形を使っています。
新しい描き方をあれこれチャレンジしていますが、羽の細かい描き込みは自分でパターンを先に描いておくと簡単のようです。ちょっとアニメちっくな鳥も描くの楽しいです。

描き方はただ今模索中。良い方法が見つかったら少しづつ紹介していきたいと思います。

つづく

今日もヤマガラのお絵描き修行。コピーと変形で描いてみる。10号と11号ちゃん

バラバラのパーツを見せるのはちょっと残酷なので〜辞めておきますが、今まで描いたヤマガラの首。お腹。羽のコピーを変形して繋いで描いてみました。前回の9号から10号、11号を描いてみたという感じです。

最初から描くのと比べてどうかというといくらか早くはあるけど自然に繋ぐのはコツがいりますね。でもモデルさんに関係なく描けるのは便利で楽しいです。

もっと修行したいと思います。とりあえず暑中見舞いのカットとして使いたいので見られるぐらいに上達したいです。やっと足の感じがわかってきたけどやはり足が1番難しいパーツですね。日々精進。