カスタムシェイプを使ったクレマチス

クレマチスのぬりえ原稿はけっこうできましたので
そろそろ
photoshopで描くクレマチスのお話をしようかな~と思います。

普段はモデルさんの写真を見ながらお花弁の形をトレースして
そこに色付けしていく描き方でずっと描いていますが

写真に忠実と思うと堅苦しくなるので
最近はお花の写真を参考程度に、シェイプで花弁の形を作って組み立てる方法でも描いています。

これはカスタムシェイプの足し算(場合によっては引き算も)で出来ています。
ペンツールのないエレメンツでもできる楽しい方法です。
kuremachisuークレマチス花びらの描き方シェイプ1s花弁の形はどんなお花も似たり寄ったりなので
最初はどれも同じようはパーツで簡単です。
ここからクレマチスに近づけていきます。

今日は先を急いで
できあがりを先にお見せしちゃいます。

葉っぱもカスタムシェイプで作っています。

クレマチス中サイズ1s

拡大するとこんな感じ。
花芯がちょっと難しそうですが、
雰囲気が近くなるように・・・って思うといい感じに自然となりますね。

追々どうやって描くのか、生徒さんにはレッスン内で詳しくお話していくつもりです。

Collage 2016-05-08 00_42_32

 

::::::::::::::

クレマチスのぬりえの話はこちらです。

情報源: iPadでぬりえレッスンとクレマチスの線画その後 – PC Flower Art *Osampo工房

情報源: ボッティチェリ展行ってきました~クレマチスのぬりえの続き。 – PC Flower Art *Osampo工房

情報源: クレマチスのぬりえ用線画 – PC Flower Art *Osampo工房

 

 

 

 

コメントを残す