便利な機能「ワープ」

(今回はCS,CCのみです。)

Photoshopでお花のパーツをアレンジする場合、便利な機能がいろいろあります。

一つの花びらや葉っぱを自然に変形できるとより便利です。

 

ワープ

変形の方法としては、遠近法、ゆがみ、自由な形に・・などよく使いますが

今回変形の中の一つ「ワープ」の説明をしたいと思います。

特に数の多い葉っぱの変形に便利です。

 

 

編集→変形→ワープ

で上記のようなメッシュが出てきます。

 

 

角のポイントをドラックすると画像が引っ張られます。

曲線を調整するには、コントロールポイントのハンドルの向きを変えます。

 

 

一つの葉っぱをいろいろな形にできます。

 

 

また同じワープの変形でもワープスタイルを選択して、特定の形に変形させることもできます。

(文字の変形の時に使うワープテキストと同じような変形ができます。)

 

 

このように繊細な変形はたくさんの葉や花のパーツをアレンジする時にはとても便利な機能なので

覚えておくといいと思います。