チューリップ2

チューリップの提出課題です。

会員用の教材は こちらです。

 

描きやすい所から描いてみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

描くコツ

● 最初はあまり個性的にならないように描く

一度描いた花を先々まで使いまわすことを考えて・・・
最初に描く花は、光の当たり方など、あまり特徴的にならないように
描いた方がいい場合があります。
(あまり個性的だと使い回ししづらくなる場合があります。)
その時はちょっと控えめな表現で一回保存をしておきます。
その後、個性的に手を入れてたものを保存しておきます。

光沢など抑えめに描いた物を、一度保存。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 花の質感を考えて、ブラシを選ぶ

ブラシの工夫で、表情が変わります。
例えば、チューリップの花は細かい光沢が見える場合があります。
ふわっとした花の色にシャープな光沢を表現したい場合は
細い線状のブラシなど使ってもいいでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 茎は長めに補って描いておく。

モデルさんの茎が短い場合は、使い回しを考えて、茎は長めに描いておきましょう。
その場合、キャンバスを大きくして描き足します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 太めの茎は「長方形選択ツール」を使って枠線を描くのが楽です。

46g1

長方形を描いて塗りつぶす。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● はっきり過ぎる茎のイメージは「ぼかし」を使って柔らかくする。

3rf5

花を柔らかく描いても、茎がはっきり、くっきりだと不自然に感じます。

「フィルタ」⇒「ぼかし」などを使って、柔らかさを出します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

単独でも、他の花と合わせても・・・

チューリップはいろいろな使い勝手ができるお花です。
ブーケや寄植え、鉢植えなど・・・・
今まで描いたお花と合わせて、お好きなアレンジでお楽しみください。