花瓶とカップ

Advance Courseの予習課題です。

シェイプをつかって花瓶とカップを作ってみましょう。
今回は感嘆符の形をつかってみます。

● 花瓶の描き方

感嘆符の下の部分はつかわないので切り取ります。
切り取りなどの加工をする場合は、シェイプのレイヤーをラスタライズします。

3553

ラスタライズすると切り取ることができます。

赤線部分を削除します。

↓こちらからでもラスタライズできます。(フォトショップエレメンツ6)

4

円形か楕円のシェイプを追加して、それぞれラスタライズしておきます。

名称未設定-1-のコピfー-2 gf4

組み立てながら 焼きこみ、覆い焼きツールなどを使って表情をつけていきます。

出来上がり。

予習課題として、まずここまで作ってみましょう。
この先は雰囲気に合わせて変形や加工を加えていきます。

次回、質感をプラスする方法をお伝えしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 応用でカップの描き方

次週、同じ感嘆符からカップも作ってみたいと思います。

まずシェイプをつぎあわせて、シルエットを作ることを考えます。
どのシェイプだとできそうか考えてみます。持ち手の部分がポイントですね。

シェイプを土台に考えることで、お花を引き立てる小道具がいろいろできて楽しいです。